RSS

日焼け予防対策【ドクターズコスメ:内側と外側からの美肌ケア】

日焼け予防対策【ドクターズコスメ:内側と外側からの美肌ケア】

日焼け予防対策【ドクターズコスメ:内側と外側からの美肌ケア】

皮膚科医が考える日焼け予防は、外側からの紫外線防止と内側からのビタミンB群やビタミンCの補給です。

口から摂るビタミンB群で日焼けしにくい丈夫な肌を育成と出来てしまった シミの色素沈着の軽減に効果があるとされるビタミンCをしっかり摂って予防することが重要です。

外側からの強い日焼け止めを使うことで却って肌を痛めてしまう方も少なくありません。

日焼け止めや日焼け止め配合の下地クリーム等でカブレや乾燥が気になられる デリケートなお肌の方や美しさと健康に敏感な本物志向の皆様に是非お試し頂きたい と存じております。


日焼け予防対策:皆様のひとこと

●美白命!なので、日焼け対策はガッチリしたいです。
ドクターズコスメは効果が期待できそうですね!
みわさん
2010/06/21

>みわさん
美白のカギはやはり内側からのビタミンB2とビタミンCの摂取です。
これらは体内に蓄積できませんので、毎日の補充が理想的です。
日焼けに負けないお肌を育んでください。
Dr.Motoko 観世
2010/06/23


●今が一番紫外線の強い季節ですよね☆
内側&外側からしっかり紫外線対策したいです!!
ハニーレモンは会社で疲れた私にとって、癒し効果が高いに違いない!!
お願いします☆
yokoさん
2010/06/22

>yokoさん
ありがとうございます。
お勤めの方からはオフィスで缶コーヒーやペットボトルの飲料が多いのでこのハニーレモンがそれよりも美味しくコストパフォーマンスも良いとお誉め頂くことが多くございます。
Dr.Motoko 観世
2010/06/23


●ビタミンってなかなかとれないですよね…。
もっと積極的に摂取したいです!
chieさん
2010/06/22

>chieさん
そうですね。
特にビタミンB2やビタミンCは水溶性で副作用の心配も殆ど無くお肌には必須のものですから、是非心がけてお摂りください。
健康な肌の為のビタミンB2の1日摂取目安量は30咾任后
Dr.Motoko 観世
2010/06/23


●肌の内側と外側の両方からケアできるアイテム。
夏までにぜひ日焼けに負けない肌を手に入れたいです。
是非試させていただきたいです。
ミルミルさん
2010/06/23

>ミルミルさん
外からは紫外線を極力避ける。
内側からは新陳代謝を促進させて日焼けに負けない健やかな肌を育みたいものです。
Dr.Motoko 観世
2010/06/23


●日焼け予防た対策にここまでやっている人はいない気がする。
環境破壊で年々紫外線がパワーアップしているから、内側&外側両方でケアしないと?
飲料&サプリ&クリームスペシャルケア、これは是非体験したい。
SPICAさん
2010/06/23

>SPICA様
ありがとうございます。
皮膚科医としてはごく当たり前のようでございます。一般的には、どうしても外側からのケアが中心になってしまう様です。
ただ、子供の頃の日焼と大人になってからの日焼は回復力に大きな差がございます。
シワ、シミその他のリスクを最小限に抑える為にも肌細胞そのものを健やかに育みたいですね。
Dr.Motoko 観世
2010/06/23


●敏感肌なのですが、とても安心して使えそうなので是非試してみたいです。
HARUさん
2010/06/25

>HARUさん
敏感肌の方にとって日焼け止め剤は刺激の強いものが多いかと存じます。
先ずは内側からのビタミンB2やビタミンCの補給を心がけてお肌を丈夫に育むことをお薦めいたします。
  Dr.Motoko 観世
2010/06/28


●5月から週2ペースでイベント参加…のためもはや日焼けしまくりの私。
さすがにお肌、改善したいんですがー!
天さん@E48さん
2010/06/28

>天さん@E48さん
年齢にもよりますが、だんだんにお肌の回復力は衰えて参ります。
若い内は少々日焼けしても新陳代謝も活発で日焼けした側がはがれれば、元通りということもあるかも知れませんが、やはり大人になってからはケアは不可欠です。
紫外線は肌の老化に直結してしまうからです。
是非、内側からビタミンB2とビタミンCをお摂りくださることをお薦めいたします。
また、外側からも刺激を少なくしてやさしくお肌を守って上げてください。
紫外線も乾燥も暑さも、日焼け止めもみんな刺激になりえます。
次々に刺激が与えられてはお肌が悲鳴をあげてしまいます。
優しくして上げてくださいね。
Dr.Motoko 観世
2010/06/28


●今年の冬に結婚式を挙げるので、夏は絶対に焼けられないんです。是非試してみたいです!
ひろりさん
2010/06/28

>ひろりさん
それはおめでとうございます。
先ずは紫外線を浴びない工夫。それから内側からのビタミンB群とビタミンCの補給はお肌はもとより血管なども含ま身体中の細胞が健やかに育まれる為に必須のビタミンです。
美しさと健やかさを兼ね備えた本当の美しさを目指してください。
Dr.Motoko 観世
2010/06/28


●日焼け予防対策しっかりしたい季節です!!
外側からのケアは結構気にしているけど、中々内側からのケアって出来ていないのでDr.Motokoシリーズでしっかりケアしてみたいです。
お試しできるとうれしいです!
himekoさん
2010/06/28

>himekoさん
是非内側からのケアを考えてみてください。
基本はビタミンB2とビタミンCです。
これらを毎日摂ることは、紫外線に負けない丈夫な肌細胞を育む大切なポイントです。
Dr.MotokoのTHE B&Cはこれらのビタミンの1日の摂取目安量を皮膚科医の立場で考え配合されたものです。
上手にケアして長く美しい肌を保つよう工夫してください。
Dr.Motoko 観世
2010/06/28


●毎日メイクをしなくなってからシミが一気に増え始めました。
今もシミ予備軍が眠ってると思うとぞーっとします。
日焼け止め・美白美容液・ビタミンCを服用してますが、自分に合わないのか効果がよくわかりません。
まぁ姫さん
2010/06/28

>まぁ姫さん
ビタミンはCだけではなく、是非ビタミンB群、特にビタミンB2を摂られることが日焼け予防には特に大切です。
美白美容液というものの中味が良く判りませんが、ビタミンCは外側から塗るより、お口から摂ってお肌には血管を通して届ける方がリスクが少なく効果は大であると存じます。
日焼け止めには紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2つが在りますが、どちらもそれ自体が肌にとって刺激となるものも少なくありません。
その刺激を軽減させながら紫外線を遮ることを工夫していただければと存じます。
ファンデーションは色素の粒がカーテンの役目をして紫外線を遮る効果があります。余り厚塗りはしたくありませんが、外出の時は日焼け止めだけに頼るより、肌に刺激が少ない分、上手にお使いになられることをお薦め致します。
Dr.Motoko 観世
2010/06/28


●30代になってからは内側からのスキンケアに興味津々です。
ぼんぼやーじゅさん
2010/06/28

>ぼんぼやーじゅさん
そうですね。
若い頃は新陳代謝も活発で少々紫外線を浴びてもそれに負けない回復力を持っています。
ただ、30代以降だんだんに肌のターンオーバーの周期も時間がかかるようになり、出来てしまった色素沈着の軽減にも時間がかかるようになります。
上手にビタミンB2やビタミンCを補給して肌の活動を助けてあげたいものですね。
Dr.Motoko 観世
2010/06/28


●日焼け対策は、中からと外からと大変ですよね。目から入る紫外線でも、日焼けすると聞き、めがねを変えました。
いろいろと日焼け対策に関して勉強したいのでモニターよろしくお願いします。
ぐりーんばじるさん
2010/06/28

>ぐりーんばじるさん
紫外線によるダメージはいろいろなことが報告されています。
内側からビタミンB2やビタミンCを摂ることは、お肌のみならず全身の健康にも大きく関係しています。
紫外線に負けない丈夫な肌を育みたいものですね。
外側からはとにかく紫外線を浴びないようにすることです。日焼け止めには肌に刺激の強いものもあり、ただ強いものを塗れば良いということではありませんね。
Dr.Motoko 観世
2010/06/28


●日焼けに対してお肌の内側からも外側からも同時にケアを行いたいと実感しました。
お肌の老化は紫外線によるためUVクリームにはこだわってきましたが、内側からのケアの重要性を認識し、効率よくケアしたいです。
しろみさん
2010/06/27

>しろみさん
そうですね。
内側からのケアで紫外線によるダメージに負けない肌を育むことは大切です。
もし、日焼してしまっても、回復させる力を養って、深いダメージに繋がらないようなケアを心がけたいものですね。
Dr.Motoko 観世
2010/06/28


日焼け予防・対策【ドクターズコスメ:内側と外側からの美肌ケア】
Dr.Motoko Honey Lemon お肌のトラブルと戦うビタミンC
Dr.Motoko THE B&C 肌を内側から支えるサプリメント
Dr.Motoko THE CREAM 素肌を守る秘伝のクリーム


医学博士・皮膚科専門医の全面監修による、医学的研究データのある成分・原材料に基づいた乾燥肌・敏感肌のためのドクターズコスメ & サプリメント


ページトップへ